腹式呼吸

腹式呼吸

最近はよく、「肩を上げるな!、はダメ」というような事を言われてますよね。でも、うちでは息を吸う時に肩が上がっていたら、指摘します(しない時もあります)。

にわか専門家(SAXGYM内のみ。他では通じないかもしれません。)っぽく書くと、式呼吸とは肋骨(胸)を膨らませて息を吸い込む呼吸法。一方、式呼吸は、肋骨の代わりに横隔膜を膨らませて(下に下げて)息を吸い込む呼吸法です。

ところで、鎖骨(さこつ)という骨がありますが、この鎖骨は肋骨の上に乗っているそうです。ゆえに、式呼吸をすると肋骨が膨らんで(上がって)、その上に乗っている鎖骨も動き、それに連動しても上がります。

すなわち、式呼吸で息を吸うと、肩が上がるのです。

何が言いたいかと言いますと、、、


上げないように気を付けて息を吸う、ではなく
息を吸った時に、肩が上がっていなければ、オッケー、ということです。

つまり、腹式呼吸をやるための方法は、肩を上げない、ではなく、にあるのです。

さあ、なんでしょう?
答えは、、、腹です! 
(結局、それか!と、思われなかった方は、こちらをご覧ください。)


息を吸うとき、大抵の人は、無意識のうちに、意識がに行っています。私の場合、それを、意識的にに持っていくことで、胸式から腹式への切り替えができます。もちろんその他、色々あるのですが、それはまた、おいおい記事にしたいと思います。ぜひ、皆さんもこれを参考に、腹式呼吸の練習をしてみてください。


追記

この最後の文章を書いてて、気づいてしまいました。。。。。超、重大なことに。
書こうか迷いますが、これは私自身のために書いていることでもあるので。書きましょう!この価値は、うちのレッスン費3ヶ月分くらいの価値はあります(当社比、笑)


腹式呼吸のやり方ですが、さっき腹に意識を持っていくと言いましたが、正確には、息を吸う時に、腹筋に軽〜く力を入れるです。

書いちゃった。。。

で吸ってる時って、腹筋って、ゆるゆるなんですよね〜


これはヤバイ・・・







コメント

非公開コメント

プロフィール

saxgym

長崎県佐世保市で、大人のためのサックス教室を運営している、サックスインストラクター福田純平のブログです。サックスに関する事を、色々と綴っていければと考えています。

月別アーカイブ