• 腹式呼吸
    腹式呼吸最近はよく、「肩を上げるな!、はダメ」というような事を言われてますよね。でも、うちでは息を吸う時に肩が上がっていたら、指摘します(しない時もあります)。にわか専門家(SAXGYM内のみ。他では通じないかもしれません。)っぽく書くと、胸式呼吸とは肋骨(胸)を膨らませて息を吸い込む呼吸法。一方、腹式呼吸は、肋骨の代わりに横隔膜を膨らませて(下に下げて)息を吸い込む呼吸法です。ところで、鎖骨(さこつ)...
  • 当たり? or ハズレ? は、ナンセンス
    リードの話です。よく、リードを「選んで使え」と言いますね。もちろんそうです。そうしてください。ところで、このリードは当たり?ハズレ?よく言いますね。。。これは、ナンセンスです。リードは本来、自然のものなので、1枚1枚違います。見た目が同じ、カットしたサイズが全く同じでも、サックスのリードとして吹いてみると、1枚1枚が異なります。それを、当たりかハズレの2択でリード選びをしてしまうと、リードの違いな...
  • なぜ、腹がいちばん大切?
    なぜ、腹がいちばん大切?「とにかく、腹」の記事で書きましたが、サックスを吹く上で大事なことは、腹です。記事をご覧になられていない方は、まずはこちらをご覧ください。サックスで普通に(そこそこのボリュームで)ロングトーンをする時は、大体の人は腹筋に力が入ります。しかし、いざ何かをしようとした時に、それなりの訓練(練習)をしていないと、すぐに腹筋の力が抜けてしまいます。指を動かす、音を変える指を速く動か...
  • とにかく、腹
    とにかく、腹サックスの練習をしていて、何かできない事がある。そういう時は、必ず腹を疑います。腹、というのは、腹筋です。サックスの音を出しているときは、常に腹筋に力が入っていないといけません。これがあれば、サックス奏法のほとんどのことはうまく行きます。いい音を出す太い音を出すまっすぐ音を出すP(ピアノ、小さく)でいい音を出す高音を太く出す喉が締まってしまうビブラートタンギングフィンガリング跳躍などな...

プロフィール

saxgym

長崎県佐世保市で、大人のためのサックス教室を運営している、サックスインストラクター福田純平のブログです。サックスに関する事を、色々と綴っていければと考えています。

月別アーカイブ